oyalox

食品に関する衛生管理

3.「二次汚染」に注意
「二次汚染」とは、調理中の食品が、まな板や調理器具類、あるいは調理する人の手を経由することで細菌やウイルスに汚染されることです。二次汚染は非常に見落とされやすい注意点です。調理時の作業行為を確かめて、万全な食中毒予防を行いましょう。

まな板の例
魚や肉を切った後のまな板は注意しましょう。
次の食材に取り掛かる時に、まな板をそのまま流用することはもちろん、水で洗い流しただけでは危険です。
まな板を使い分ける、あるいは中性洗剤で洗って水で流した後、塩素系殺菌剤(ピューラックス)で殺菌することをおすすめします。
ピューラックスの使い方【まな板の殺菌】
ふきんの例
細菌がついたふきんで他の場所を拭くと、細菌を広げてしまい二次汚染の原因になります。ふきんを使い分ける、あるいは中性洗剤で洗って水を流した後、塩素系殺菌剤(ピューラックス)で殺菌することをおすすめします。
ピューラックスの使い方【ふきんの殺菌】
このページの先頭へ